Blog

WEB技術でニーズに応える! ー仙台市科学館 実験学習用ソフトを開発

㈱エンジニア・サイエンス(委託制作 ㈱ショージック)で制作したスリーエム仙台市科学館の化学分野における「実験学習用指導ソフトウェア」の活用が2016年5月10日から始まりました。
これは仙台市内の中学校2年生を対象に、同館で実施される「化学変化とエネルギー -いろいろなエネルギー-」の実験で使用する学習補助ソフトです。

IMG_4645実験では物質のもっているエネルギーである「化学エネルギー」のうち「熱」、「光」、「電気」の3つのエネルギーについて学習します。そのうち、熱エネルギーの学習では生徒が実際に酸化カルシウムとアルミニウム粉末に水を加えた液体を30秒毎に温度測定し、ソフトにデータ入力していきます。データは班ごとに集計されグラフ化したものが各パソコン端末で瞬時に共有されるというもの。

ソフトの制作過程で、同館と㈱ショージックとの間でスムーズに実験が進められるよう繰り返し修正されてきました。このソフトを活用した実験は2016年度から4年間、仙台市内の公私立校中学の2年生(およそ8,000人)を対象に行われます。
同館の大枝先生は「(ソフトは)とても好評。内容はレベルが高いものですが、科学館でしかできない実験を体験してほしい。子どもたちの興味をひければ」と意欲的です。

IMG_4655また、制作をした㈱ショージック 社長東海林は「教材の開発は初めての試み。今回の特徴としてWEBの技術がベースとなっている。一般的なソフト制作にはプログラミング言語が使われるが、WEB技術を活用すればそれよりも低コストでできる。今回のような化学分子の変化過程をアニメーションやグラフィックで表現したりと、お客様のニーズをより具現化できる。WEB技術がネットにかぎらず教育分野などで幅広く応用できることが今回見出せた」と今後の活用に期待しています。


■スリーエム仙台市科学館
 仙台市青葉区台原森林公園4番1号
 http://www.kagakukan.sendai-c.ed.jp/

IMG_4646

Related post

おすすめ記事

  1. Sorry, this entry is only available in Japanese....
  2. Sorry, this entry is only available in Japanese....
  3. Sorry, this entry is only available in Japanese....

Recent Comments

    Categories

    Return Top